スポンサーリンク

激安ペットショップ「Coo&RIKU(クーアンドリク)」で子犬を購入レビュー

 

 

激安と評判のペットショップ「Coo&RIKU(クーアンドリク)」で子犬を購入しました。

購入したのは生後3ヶ月のメスのヨークシャーテリア(ヨーキー)です。

安いことで有名なクーアンドリクでワンちゃんネコちゃんを購入したらどれほどの費用がかかるのでしょうか?

主に金額等を中心に感想を記したいと思います。

 

クーアンドリクは生体価格がかなり安い

「クーアンドリク」さんは生体が安いですね。

その分、生まれてから少し期間が経った大きめの子犬の販売が多いような気がします。

 

僕等夫婦は飼っていたジャックラッセルテリアを亡くして喪失感を感じていました。

新しい家族を探す為にいろいろな店鋪を巡りました。

でも、やはり「クーアンドリク」さんの生体価格は飛び抜けて安いですね…。

安いのには理由があるのかはわかりませんが、あるクーアンドリクの店鋪でたまたまセールをしていた生後三ヶ月のヨークシャーテリアを新しい家族に迎える事にしました。

 

僕自身は犬を購入するのは初めて!

僕自身は犬を購入するのは初めてです。

最近亡くなったジャックラッセルテリアは奥さんの連れ子(連れ犬?)です。

今まで猫は(捨て猫やドラ猫だけど)飼ったことがあるのですが、犬は初めてです。

 

実は恥ずかしい話、犬も猫も一緒と思っていたのですが、犬っていろいろお金がかかるんですね…。

今回、新しい家族のメスのヨークシャーテリアの生体価格は5万円です。

 

【購入後、お家に帰ってきて初めて撮った写真です。赤いオモチャはオマケでいただきました。】

 

たまたまセールをしていたのですが、めちゃくちゃ安いですよね。

ヨークシャーテリアの生後3ヶ月なんて、20万円くらいはすると思います。オスはまだ安いのですがメスは価格が高くなる傾向ですよね。

そう考えるとクーアンドリクはめちゃくちゃ安い…

でも、実際購入となると、5万円だけでは済まないんですよね〜……。

新しい家族のヨークシャーテリアの総額内訳

結論から書くと、今回新しく家族に迎えたヨークシャーテリアの総額は、

173342円です。

 

生体価格の3倍以上の金額になっちゃいました。

生体価格だけでは済まないとはわかっていたのですが、僕自身は初めての経験でしたのでビックリしました。

ちなみに内訳は、

  • 生体代金…50000円
  • ワクチン代金(2回接種)…6000円
  • 安心パック代金…40000円
  • 生命保証代金…19200円
  • 消費税…9216円
  • エサ代…6156円(税込)

合計金額…13572円

さらに

  • アニコム損保の「動物健保べいびぃ」の支払い割合70%プランを1年分…42770円

総額……173342円

 

犬を購入したことがある人にとってはこの内訳は納得できて尚且つ当たり前に感じるのかもしれませんが、犬を購入したことが無い人にとっては、「え?!こんなに初めにお金かかるの〜!?」って感じですよね。

僕がそうでした  笑

知らない人にとってはそもそも「安心パック」や「生命保証代金」、「動物健保」って何?と思われる方もおられると思いますので、各項目を説明させていただきます。

安心パック

「クーアンドリク」でワンちゃんやネコちゃんを購入すると、個体の価格にこの「安心パック」が自動で付いてきます。

「安心パック」は40000円となっています。

つまり、個体価格に必ず+40000円が請求されることになります。

しかし、このシステムは金額や名称、内容こそ違いがありますが、ほとんどのペットショップで採用されています。

ちなみに「安心パック」には含まれているものは、

  • 初回ワクチン…犬は混合6種ワクチン。猫は混合3種
  • マイクロチップ施術&登録…一般社団法人 Famに登録
  • マイフリガード…フィラリア症予防、ノミ、回虫などの駆除薬を投薬。
  • 虫下し…ドロンタール、バイコックスを滴下。
  • メディカルチェック…入荷時の健康状態の診察費。
  • 狂犬病ワクチン(無料券)…犬の場合、狂犬病ワクチンの無料券(弊社指定の動物病院用)が付属。 生後90日以上経過している仔に対しては、クーアンドリクにて接種。

となっています。

次項で説明しますが、ワクチンの2回目と3回目は別途費用がかかります。

 

ちなみに、安心パックには様々な割り引きクーポンや予防接種証明書等が付属しています。

 

 

さらに、会員証などのカードも付属しています。

 

【クーアンドリクの会員証、海動物病院の会員証、マイクロチップ登録カード、プリビューティー会員証、推奨フード(PRO PAC)ポイントカード】

 

海動物病院とはクーアンドリクにある動物病院ですが、クーアンドリクで子犬を購入するとここの「ファイン会員」となり生涯、狂犬病予防が無料となります。

ワクチン代金

ワクチン代金は子犬や子猫にはほぼ必要で、ほとんどのペットショップで接種されています。

生まれてから約3ヶ月で合計3回のワクチン接種を行います。

「クーアンドリク」の場合は1回目のワクチン接種は安心パックの4万円に含まれていますが、2回目や3回目の接種は別途代金が必要です。

2回目と3回目のワクチンは、犬は混合10種ワクチンとなり、猫の場合は混合3種ワクチンとなります。

 

金額は

2回目…6000円

3回目…6000円

となっています。

3回受けると12000円となります。

店頭販売時に、まだ1回しか接種を受けていない場合の見積もりは安心パック料金は40000円のままですが、販売時に接種を2回受けている個体は安心パック料金の40000円に2回目の接種代金の6000円を加算した46000円が請求されます。

すでに購入時に接種を3回受けている個体の場合は見積もりは40000円(安心パック)+6000円(2回目の接種)+60000円(3回目の接種)で52000円が請求されます。

1回しか受けていない個体は安心パックの40000円しか請求されないので個体購入時の見積もりは安くなりますが、残りの2回のワクチン接種は受けたほうがいいので(受けなくてもいいですが、間違いなく受けたほうがいいでしょう)、購入後に2回目3回目のワクチン接種を受けると総額は同じになります。

 

上記の金額は一例となります。

僕らのヨーキーの場合は、2回目まで摂取されている時に販売されていまして、3回目を後日摂取しにいきましたが、10種ワクチンで7020円(税込み)の料金でした。

生命保証

飼い始めのワンちゃんやネコちゃんは、体調が不安定でストレスを抱えやすいので病気、ケガなどで死んでしまう可能性があります。

その場合の保証をする制度です。

もし万が一、購入した生体が亡くなってしまったら、同額のペットを譲ってもらえます。同額以上の生体を希望する場合は差額を支払う事になります。

 

保証金額は

1ヶ月保障価格の10%
3ヶ月保障価格の15%
6ヶ月保障→12ヶ月間保障(キャンペーン)価格の20%
12ヶ月保障→24ヶ月間保障(キャンペーン)価格の25%
24ヶ月保障→36ヶ月間保障(キャンペーン)価格の30%
36ヶ月保障価格の35%

 

となっています。

価格とは、生体価格+クーリク安心パックとなります。

単純に生体価格+40000円ではなく、すでに2回目や3回目のワクチン接種を行っている生体に関しては、ワクチン代金がクーリク安心パックに加算されますので、掛け金は変わります。

 

今回の僕らのヨークシャーテリアは価格の20%の「6ヶ月保障→12ヶ月間保障(キャンペーン)」の期間を選びました。

5万円+40000円+6000円=96000円の20%=19200円(税抜)

となります。

 

保障期間が長くなるキャンペーンは現在(2018年1月現在)のものとなっています。

 

ちなみに「ひごペットフレンドリー」の生体保証は「フレンドリー安心パック」の16200円に含まれています。(保証期間1年)

「ひごペットフレンドリー」で子犬を激安で購入レビュー
我が家はすでに犬(ヨークシャーテリア)を一匹飼育しているのですが、近くのペットショップである「ひごペットフレンドリー」に通っていたら、一目惚れしたヨーキーがいたので、また飼うことしました。 最近、「クーアンドリク」というペットショップ...

エサ代

クーアンドリクで飼育販売中に与えてたドッグフードです。

子犬の間は急にエサを変更したら体調が悪くなる可能性があります。

特にお腹を壊しやすいらしいですね。

そうした理由から生体購入時にクーアンドリクさんから、しばらくはこのドッグフードを食べさせてあげたほうがいいと、オススメされました。

 

【赤ちゃん用ドッグフード3袋とミルク】

 

上記の画像のセットで6150円(税込)と価格は少々高めなので、必ず購入しなければいけないという訳ではないのですが、念の為に今回は購入しました。

アニコム損保の「動物健保べいびぃ」

こちらの保険は、人間で言う「国民健康保険」に近い保険です。

病気やケガ時に動物病院で診てもらう診察代が3割負担になります。

プランによって5割負担もあります。

動物病院で診てもらうとかなりの高額になりますよね。こちらの保険があれば確かに安心です。

ただ、高い…。

今回のヨークシャーテリアに関しては1年で42770円。

もう少し安ければなぁ…。

でも、もし万が一病気やケガになった場合、動物病院に行くと総額10万円以上は簡単にかかってしまう可能性が高い事を考えたら、仕方ないかも。

しかも、こちらの保険は購入時のほうが入りやすいのです。

後から保険に入りたくなっても入れないケースもかなり多いみたいです。

それを考慮して、今回は入ることにしました。

 

注意点は、意外と保険が支払われないケースが多いこと。

例えば、去勢・避妊手術や妊娠・出産にかかわる費用は保険適用外です。

 

保障内容は、

1日あたりの最高支払い金額は3割負担のプランが14000円まで。

5割負担が10000円まで。

両プランとも1年間に20日までです。

手術は3割負担が14万円まで。5割負担が10万円まで。

両プランとも11ヶ月に2回までです。

なお、最初の1ヶ月に関してはアニコムの100%保障となっています。(手術は2回まで)

詳しくはアニコムでご確認ください。

 

血統書

血統書は購入時に渡されるのではなく、購入後3ヶ月以内くらいで自宅に郵送で届けられます。

ちなみに今回は2週間くらいで届きました。

 

 

血統書では購入した生体は繁殖者の名義になっているので、血統書内で名義を自分に変更したい場合はこの血統書を発行しているJKC(一般社団法人ジャパンケネルクラブ)に入会しなければいけません。

入会金が2000円かかり、年会費は3000〜4000円、変更に1200円かかります。

高いですね…。

血統書にこだわる人や子供を産ませたい人は、入会して名義変更したほうがいいかもしれませんが、子供を産ませない飼い主は変更する必要はないと思うので、僕らは血統書の名義変更はしないことにしました。

 

クーアンドリクは安いのか?

安いか高いかといえば、間違いなく安いですよね。

クーアンドリクで気に入ったネコちゃんワンちゃんを見つけることができたらお得ですね。

今回は生命保証やアニコム損保にかなりの金額がかかったので、生体価格の3倍以上の総額になってしまったのですが、実際は生体価格+安心パックで購入できます。

僕らの今回のヨークシャーテリアでいえば、

50000円+46000円=96000円(税抜)で購入できるということになります。

クーアンドリクの生体保障やアニコムの保険があったほうが安心なのですが、初期費用を抑えたい方は生体価格+安心パックのみの購入もいいのではないでしょうか。

そもそも、他のペットショップでも生体を購入する際、安心パックのようなプラン料金が別途かかるので、やはりクーアンドリクで生体を購入するのは安いですね。

結果的に、クーアンドリクであれこれ保障や保険をつけて購入しても、他のペットショップで生体価格+必要経費で購入するより同等かそれ以上に安く購入できると思います。

しかし、今回つくづく思った事は、消費税がバカにならない…。

 

なお、価格や条件は同じ「クーアンドリク」のお店でも店舗によって違うかもしれませんのでご了承ください。