スポンサーリンク

XMAX AVANT(エックスマックス アバント) レビュー♪コンパクトなのに本格的な味わいのヴェポライザー

低価格でコンパクトなのに本格的な味わいを楽しめる、XMAX AVANT(エックスマックス アバント)の感想・評価記事です。

すごく持ち運びに便利な機種となっています。

 

基本性能・特徴

XMAX AVANTはコンダクション方式のヴェポライザーとなります。

サイズは98×33×18mm、重さは70gとなっています。

電池容量は1200mAhとなっています。

温度設定は180℃・190℃・200℃・210℃・220℃の5段階設定となります。

 

外箱・付属品

外箱はこのようになっています。

【外箱】

【外箱を開けたところ。左は説明書】

 

画角の割にはしっかりとした外箱です。

 

付属品は、

  • 説明書(日本語)
  • パッキングツール
  • クリーニングブラシ
  • USBケーブル
  • シリコンマウスピースカバー×2
  • 予備チャンバーメッシュ×2
  • 予備マウスピースメッシュ×2

となっています。

【付属品】

 

コンパクトで軽いので持ち運びやすい

かなりコンパクトで重量も軽いので、持ち運びがしやすく、手で持っていても疲れません。

【左から本機・C-VAPOR3.0・旧型アイコス】

 

XMAX AVANTはスリムな形がコンパクトさをさらに引き立てています。また、重量も70gとスマホや旧型アイコスの約半分の重さとなっています。

注目したいのは、マウスピースの形が独特な形をしていて、ガラス製の管が飛び出ている形態では無い為、ポケットに入れてたりカバンに入れてもガラス管が干渉する事が無いため、非常に持ち運びしやすい形となっています。

 

独特なマウスピース

この機種のマウスピースは変わった形をしています。

【幅広な形のマウスピース】

 

口にくわえた第一印象は違和感だらけでした。ま、毎日吸っていたら慣れると思いますが、吸い心地は快適という形では無いと思います。好みが分かれる形でしょうね。

ちなみに嫁さんはあまり好きでは無い形と言っていました。女性は苦手な形かも。

また、マウスピースを本体に脱着するのは、はめ込み式やネジ式ではなくマグネット式となっています。

上位機種のSTARRY 3.0と同じ方式ですが、本機は少し作りがチープで磁力も弱い印象を受けました。

また、手でしっかりと押さえないとマウスピースと本体の間に隙間がでたりズレて装着したりします。

その事を考慮すると上位機種であるSTARRY 3.0は、作りがかなりしっかりとした高級機なんだなと実感しました。

付属品にマウスピースカバーがあるので、マウスピースを口で加えるところをシリコンにする事ができます。

【シリコン製マウスピースが2つ付属されている】

【マウスピースカバーを装着したところ。】

 

おそらく熱による熱さを防止する為か、落としたときによる衝撃緩和の為と思いますが、少し外れやすいので着けている内に無くしてしまう可能性があるかも…。

 

チャンバーが広くてシャグを詰めやすい

チャンバーの口が広くてシャグが詰めやすいデザインとなっています。

【幅広なチャンバー】

 

スペーサーが販売されていないのでシャグを直接チャンバーに入れるので、この幅広なデザインはシャグを入れるのにも掃除をするのにも便利です。

 

充電中

充電はmicroUSBで充電します。

液晶モニタが無いのですが、充電中は絶えずLEDランプが現在の充電状況をお知らせしてくれるのでわかりやすいです。

【充電中の状態】

 

LEDランプは小さく控えめな光り方なので目障りではありません。

吸ってみた

操作方法

操作方法は

1.マグネットキャップを外し、セラミックの加熱チャンバー(白い部分)にタバコ葉を詰める。

2.ボタンを3回押すと電源が入り、LEDライトが点滅して電池残量をお知らせ。

LED1つ・・・20%
LED2つ・・・40%
LED3つ・・・60%
LED4つ・・・80%
LED5つ・・・100%

その後、加熱を開始。

3.ボタンを長押しすることで温度を変更可能。
温度はLEDインジケーターで確認できる。

LED1つ・・・180℃
LED2つ・・・190℃
LED3つ・・・200℃
LED4つ・・・210℃
LED5つ・・・220℃

【僕の個体ではこの温度表示は、LEDランプは所定の位置で1つだけしか点灯しませんでした。不具合なのか仕様変更なのかわかりません】

4.LEDが点灯に変わると喫煙可能。
加熱開始から3分半後に自動的に電源が落ちる。

バイブレーター機能が無いためわかりにくい

実際に電源を立ち上げて操作するとバイブレーター機能が無く、液晶モニタ非搭載でなおかつLEDランプも控えめな光り方なので、電源が立ち上がったのか設定した温度まで上がったのか気づきにくいです。

慣れたら問題無いとは思うのですが、バイブレーター機能に慣れた人にとってはかなり残念かも。

味はかなりいい

味わいはかなりいいなと感じました。ドローは軽めなのですが、濃厚な味わいを楽しめて喉にガツンと来る刺激も感じます。

幅広なマウスピースの形状がこの味わいを実現しているのかもしれません。

1回当たり3分半、2回連続セットで7分という時間もちょうどいい長さだと感じました。

感じたメリット・デメリット

メリット

  • コンパクトでスリム。ガラス管の突起も無いので持ち運びしやすい
  • 重さも軽い
  • 控えめな光り方のLEDランプ。控えめな光り方が好きな人にはGOOD
  • 好みにもよるが味わいはかなりいい。
  • シャグを入れやすい幅広なチャンバー
  • 価格は控えめでお得感がある

デメリット

  • 液晶モニタ非搭載
  • バイブレーター非搭載
  • エアーフロー機能非搭載
  • スペーサーは販売していない
  • フィルターは使用できない

 

感想

XMAX AVANTは、液晶モニタ非搭載でなおかつバイブレーターが無いのは少し残念ですが、それを補う「コンパクトなのに本格的な味わい」を楽しめる一品だと思います。

ただ、マウスピースの形は好みが分かれると思います。

サブ機としてはもちろん、メイン機種にしても十分なバランスの取れた味わいと喫煙時間を楽しめる機種だけに、バイブレーター機能だけは欲しかったかな。

タイトルとURLをコピーしました