スポンサーリンク

ミナミの中央分離帯に性別不明の白骨遺体 大阪市中央区

NEWS

 1日午後5時30分頃、大阪市中央区の難波交差点近くの千日前通で、中央分離帯に白骨化した遺体があるのを清掃ボランティアの男性が見つけ、大阪府警南署に届けた。

 遺体は成人とみられ、目立った外傷はなかった。死後相当の期間がたっており、同署は司法解剖して身元の確認を進める。

 発表では、遺体は中央分離帯にあるアーチ状の柵の内部に横たわっていた。内部には高さ1メートル数十センチほどのスペースがあり、遺体の近くに靴と布のほか、空き缶などのごみが散乱していた。身元を示す遺留品はなく、性別も不明という。

 同署によると、周辺ではホームレスらが路上で寝ていることがあるという。

 現場は難波交差点の東約50メートル。周囲は繁華街で、多数の観光客でにぎわう。仕事帰りに通りかかった大阪市北区の会社員女性(32)は「こんな場所で白骨遺体が見つかるなんて怖い」と話した。

読売新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00050136-yom-soci

 

あんなに24時間人通りが多いところで死体が長い事見つからずに白骨化したことに驚きです。

いくら死角になっていたとしても臭いとかしていたと思うのですが、見つからないときは見つからないのですね…。

そう考えたら、いろんな所で発見されていない遺体ってあるんでしょうね。

以下はヤフコメの反応です。

 

腐敗臭しなかったのかな?発見者は驚いただろうね。

↑260 ↓22

 

ここはたしか片側3車線・3m程度の中央分離帯があり、更に真上を高速道路が通ってて橋脚があり、地下街の通風口やら何やらもあったんじゃないかな。
一般的な緑が植わってる中央分離帯とは違って死角は多いし、横切る横断歩道そばでもなければ一般人は近寄れる所じゃない。

何にしても哀しいことです。

↑221 ↓22

 

灯台下暗し。

↑256 ↓46

 

普段人が立ち入らん場所だしな。
何も知らない人々が周囲を行き交う。
なんか考えさせられる。

↑8 ↓1

 

そういう場所って普段から管理してないのかな。
歩道脇の街路樹の足元に数メートル程の勢いで蔦が茂ってるのも見かけるけど何かいそうでちょっと怖い。

↑16 ↓0

 

都会のど真ん中みたいな場所なのに発見されなかったのが不思議

↑12 ↓1

 

段ボール集めてくれるおっちゃん顔色悪くなってから見てないな~3か月くらいになる

↑56 ↓13

 

横断歩道のとこで猫飼ってた人じゃないよね?
見かけなくなったけど

↑24 ↓5

 

誰かが置いたんじゃないの?

↑33 ↓5