スポンサーリンク

アロマオイルが変化?「覚醒剤を作る液体」所持で逮捕 大阪市

 

逮捕

“アロマオイル” が変化? 化学処理で覚醒剤に

化学処理をすることで覚醒剤を作ることができる液体を所持していたとして、大阪市の自営業の男が逮捕されました。

覚醒剤製造予備の疑いなどで逮捕されたのは、大阪市鶴見区の工場経営・横谷勝己容疑者(59)です。

横谷容疑者は、去年12月、薬品などで化学処理をすると覚醒剤に変化する「t-BOCメタンフェタミン」と呼ばれる液体、約15キロを車の中に所持していた疑いが持たれています。

押収された15キロの液体からは、約8キロの覚醒剤が製造でき、末端価格は5億円にのぼるということです。近畿厚生局麻薬取締部は、横谷容疑者が容疑を認めているかどうか明らかにしていません。

朝日放送

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00010007-asahibcv-l27

 

記事には「アロマオイルが変化?」とありますが、何のオイルなんだろ?

車の中で所持していたということで逮捕されたようですが、職務質問でわかったということなんでしょうね。

てか、その警官もその液体が怪しいとわかったものですね。

液体から覚醒剤が製造できるなんて初めて知りました。

以下はヤフコメの反応です。

 

氷山の一角

↑0 ↓3

 

そこまでしても、シャブが欲しいのか?

↑10 ↓1

 

化学処理で作れる頭あるなら別のことに頭使った方が金になる

↑2 ↓0

 

そもそも、本物?の覚醒剤ってどうやって作ってるんだろ。全然考えた事もなかった事に、このニュースで気付いた。

↑1 ↓0

 

そんな液体があるなんて知らなかった!

↑4 ↓0

 

次から次へと色んなやり方が出てくるね

↑0 ↓0