スポンサーリンク

「はるか夢の址」運営者の男が逮捕 競合サイトを閉鎖に追い込み利用者独占か

NEWS

海賊版の漫画が読めるサイトへ誘導したとして逮捕された「リーチサイト」運営者の男らが、利用者を独占するため、競合サイトを閉鎖に追い込んでいたことが分かりました。

「はるか夢の址」の運営者・成合太彰容疑者(23)は去年8月、人気漫画の海賊版が掲載されているサイト情報を閲覧できるようにした疑いで、送検されました。

「はるか夢の址」は、海賊版の漫画などが閲覧できるサイトへ利用者を誘導する“リーチサイト”の1つで、成合容疑者らは閲覧先から紹介料を受け取るなどしていました。

また、競合するサイトに統合を持ちかけ、応じなければサイバー攻撃を仕掛けて閉鎖に追い込んでいたということです。

警察は、成合容疑者らがリーチサイトの利用者を事実上独占し、多額の利益を得ていたとみて調べています。

関西テレビ

 

とうとう逮捕されたんだ…

この「はるか夢の址」は「紅籍会」という組織が管理していたようですが、その組織かどうかはわかりませんが、上記のニュースの記事の男を合わせ、9人が逮捕されました。

どうも22〜24歳くらいで同年代同士みたいですね。

もっと歳をとっていると思ってたのでビックリしました。

というか、「リーチサイト」ていう総称なんですね。知らなかった…

タイトルとURLをコピーしました