タクシーがひき逃げ…女性死亡 運転手逮捕 大阪府豊中市庄内栄町

逮捕

 11日午前、大阪府豊中市でタクシーが歩行者とバイクに相次いで接触し、歩いていた88歳の女性が死亡しました。警察はタクシー運転手をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。

 「タクシーは道路を通行中、前を歩く女性に衝突しました」(辻本敬詩記者リポート)

 午前10時前、豊中市庄内栄町でタクシーが歩いていた女性に接触し、さらに20メートルほど前にいたバイクにも衝突しました。この事故で歩いていた冨岡孝さん(88)が転倒し病院へ運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。バイクに乗っていた男性も軽傷です。

 タクシーはそのまま現場から走り去りましたが、近くのコンビニエンスストアの駐車場に停車しているのが見つかり、駆けつけた警察官がひき逃げなどの疑いで現行犯逮捕しました。

 「おばあちゃんをはねたけど、それでも止まらなかったから、向こう側でバイクを出そうとしていた人が追突されて」(目撃者)

 逮捕されたのは、豊中市のタクシー運転手・林義隆容疑者(73)で警察の調べに対し、「事故を起こした記憶が全くない」と容疑を否認しているということです。勤務先のタクシー会社は…

 「大変申し訳ないと思っています。状況がわからないので、具合悪くなったとしか考えられない」(小豆島タクシー 小松隆文所長)

 警察は詳しい状況を捜査しています。

毎日放送

 

考えてみれば、タクシー運転手って高齢の方が多いですよね。

人を乗せて運転する仕事としては、正直60歳までのほうが危険は少ないと思うんですが、働いている人にとっては難しい問題ですよね。

てか、「小豆島タクシー」なのに豊中で走っているんですね。

 

タイトルとURLをコピーしました