スポンサーリンク

人気ラーメン店の店長が大麻所持で逮捕…仕事終わりに店で吸う 大阪市大正区

逮捕

大阪市内にある人気ラーメン店の店長が、店内で大麻を所持していたとして逮捕・起訴されました。

大麻取締法違反の罪で逮捕・起訴されたのは、大阪市大正区にある人気ラーメン店「Antaga大正」の店長、梶林洋介被告(32)です。

梶林被告は9月、店内で乾燥大麻およそ11グラム、末端価格にして5万円ほどを所持していたとされます。

近畿厚生局麻薬取締部によると、梶林被告は財布や、店内のダンボール箱に袋に小分けにして大麻を隠していて「店の中で大麻の匂いがした」と話す客もいたということです。

梶林被告は5年ほど前から大麻を使用していたとみられ、調べに対し「自宅では家族がいて吸えないので、店で保管し仕事終わりに吸っていた」と容疑を認めています。

関西テレビ

 

いろんな人が出入りする店で、よく大麻を吸えたものですね…。

てか、大麻の匂いがわかるお客って、どんな客なんだろう?

海外で吸ってたのかな?

そもそも、大麻の匂いってどんな匂いなんだろう?

ちょっとだけ興味が湧きます。

タイトルとURLをコピーしました