スポンサーリンク

飛行中の航空機の部品が落下して走行中の車に直撃 大阪市北区西天満

NEWS

 国土交通省大阪航空局関西空港事務所は24日、関西国際空港発アムステルダム行きKLMオランダ航空868便が、23日に大阪市内を飛行中に部品(4・3キロ)を落下させたと発表した。大阪府警天満署によると、部品は同市北区西天満の国道1号を走行中の乗用車の天井を直撃したが、けが人はいなかった。

 同事務所などによると、同機は同日午前10時40分に離陸した直後、右主翼の付け根付近の胴体パネルの一部(縦横1メートル×0・6メートル、厚さ4ミリ)が落下。乗用車を直撃し、屋根や後部座席の窓ガラスが損傷した。運転していた病院職員の女性(51)=東京都日野市=にけがはなかった。

産経新聞

 

え〜!!!

めちゃくちゃ怖い…

ありそうでなかったことが、実際に起こったらめちゃくちゃ怖い!

これ、直撃したのに死亡者やケガ人がでなかったのは、アンビリバボー並の奇跡じゃないのかな。

本物の飛行機からの落下物なんで、ラジコン飛行機が落ちてくるレベルの怖さではないですよね。

ラジコン飛行機もたいがい危険ですが。

ともかく、絶対に起こってはいけない事故です。