スポンサーリンク

女が同居の母親を暴行…殴り死なす 豊中市

逮捕

大阪府豊中市で、女が一緒に住む母親の顔や頭を殴り、逮捕されました。母親は病院に搬送されましたが死亡しました。

傷害致死の疑いで逮捕されたのは、豊中市の無職・山内ルイ子容疑者(61)です。ルイ子容疑者は27日、午前1時ごろ、同居している母親・山内フエ子さん(90)に、顔や頭を殴るなどの暴行を加え、死亡させた疑いがもたれています。

警察によると、ルイ子容疑者が、「母親が布団の中で動かない」と110番通報。搬送先の病院でフエ子さんの死亡が確認されましたが、頭部に殴られたような痕があり、ルイ子容疑者に話を聞いたところ、母親を殴ったことを認めました。

「気持ちがカッとなった」と話しているということです。

ABC NEWS

 

最近、こういう親子間でのトラブルからの事件が多いですね。

人間なんで、頭に血が登りカッとなって殴ってしまうことはあるかもしれないですね。

また他人に対してより家族に対してのほうが怒りをぶつけやすいでしょうね。

それが相手が高齢や小さい子供ならそういうシチュエーションは多いでしょうね。

イライラして頭に血が登った状態で我慢や理性を保つ事は難しいかもしれませんが、手を出すことは避けてほしいですね。

問題は普段から暴行や虐待があったかどうか。

一回手をだしたら、普段からの暴行や虐待に繋がりやすいと思います。

この事件でも虐待があったかどうか、徹底的に調べてほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました