スポンサーリンク

堺市の浮気した不倫相手を火だるまにした「消毒女」近所の評判

NEWS

 大阪府堺市の男性火だるま事件で、殺人未遂容疑で府警に逮捕された無職の斧裕子容疑者(42)には、エタノールをかけて火をつけたとされる被害男性とは別に「内縁の夫がいる」(捜査事情通)ことは、27日に日刊ゲンダイが報じた通り。つまり、被害男性とは“不倫関係”だったわけだ。

 それなのに斧容疑者は自分のことは棚に上げ、被害男性の“浮気”に激高。「他のオンナ抱いた、その汚い体、消毒したるわ!」とエタノールをぶっかけたというから、開いた口がふさがらない。ちなみに、斧容疑者の内縁の夫は「どうやら“塀”の向こう側にいるようです」(府警関係者)。
 
 そんな斧容疑者は事件現場の商店街近くに住んでいる。近隣女性がこう明かす。
 
「1年くらい前かな、斧さんが(被害男性とみられる)男の人と同棲するようになったんは。ヤンキーのママが、そのまま年いったような感じ。よう似た女の人らと道路に座り込んでたばこ吸うたり、ホンマ、ガラ悪かったわ。会うてもまともに挨拶もせえへんし。ややこしい感じで、評判は良くなかった。男の人はTシャツにリュックのラフな格好して、会社員ではなく自由業って雰囲気やったわ。怖いというより、見た目はおとなしい感じやったね。その男の人の後ろを、ブスッとした怖そうな斧さんと、小学生ぐらいの男の子が何もしゃべらんと歩いとった。普通の家族には見えへんかったけど、子どももいんねんなあって思ってた」

 事件後は男性の姿も見かけなくなり、車もなくなったという。
 
「そやから、被害に遭ったのはあの男の人やったんかなあって。でも(斧容疑者も)内縁のダンナおんのに、一方的に男を責めるなんておかしな話ちゃう? そんなん、身勝手やわ。自分も消毒せなアカンやろ」(前出の近隣女性)

 まったくだ。

日刊ゲンダイ

堺市の男性が火だるま事件、交際の女逮捕「浮気で汚れた体を消毒するため」
 6月19日、大阪府堺市で全身火だるまの男性が電気設備会社の店舗に逃げ込んでくる事件があり、警察は直後に車で現場を立ち去った42歳の女を殺人未遂の疑いで逮捕しました。  逮捕されたのは堺市の無職・斧裕子容疑者(42)です。警察によ...

 

この女性が逮捕された直後のヤフーニュースのコメント欄には、結構この女性に同調されているコメントが多かったんですが、結局この女性に正当性はまったく無かったということですね。

てか、浮気したら消毒されて当たり前とかいうコメントがかなり多かったんですが、そういう人達って長い人生の中で浮気したことや浮気心を持ったことが無いのでしょうか?

僕はありますよ。

だからか、この女性が相手の男に浮気をしたから消毒をする為に消毒液(エタノール?)をかけたって行動が意味がわからないし、気持ち悪いなぁと感じました。

ただでさえ突飛な行動なのに、自分自身に内縁の夫がいたなんて非道い話ですね。

個人的に思うことは、こういう自分のこと棚に上げる人って、性格や行動が共通しているような…。