スポンサーリンク

母親に注意され口論、カッとなり馬乗りで首を絞め暴行…殺人未遂容疑で29歳男逮捕 大阪府羽曳野市

逮捕

 自宅で母親(53)の首を絞めて殺害しようとしたとして、大阪府警羽曳野署は7日、殺人未遂の疑いで、同府羽曳野市羽曳が丘の作業員、大崎裕生容疑者(29)を逮捕した。「母に侮辱され、かっとなって首を絞めた」などと容疑を認めているという。母親は肋骨(ろっこつ)を折るなど重傷。

 逮捕容疑は6日午前7時50分ごろ、自宅で母親に馬乗りになり、両手で首を絞めて殺害しようとしたとしている。

 同署によると、大崎容疑者は「母親から『部屋が汚い。ごみぐらい片付けておきなさい』などと注意され、口論になった」と説明しているという。

 大崎容疑者は4人暮らし。母親と待ち合わせ中の知人女性が、時間になっても現れない母親を心配して自宅を訪れ、発覚した。

産経新聞

 

親子で口論してヒートアップして、手がでてしまい怪我をさせてしまう……ニュースになってないだけで結構いろんな家庭で発生しているかもしれません。

今回は、知人女性が自宅を訪問して発覚しましたが、母親って子供は何しても結局は可愛いから通報しなかったり何もなかったことにする事のほうが多いのではないでしょうか。

でも、中学生や高校生の10代ならわかるのですが、20代後半の歳になったらさすがに親に手を出さない理性はあると思うけどなぁ。

ま、よっぽど頭に血が登ってしまったんでしょうが、親を暴行してしまった行為を一生恥じて後悔して生きていってほしいです。

 

タイトルとURLをコピーしました