スポンサーリンク

大阪市住吉区で男性の頭を蹴るなどの暴行殺人事件で65歳の男を逮捕

逮捕

 近所の男性の頭を踏みつけて殺害しようとしたとして、大阪府警は29日、大阪市住吉区杉本1丁目の無職、武広文容疑者(65)を殺人未遂の疑いで逮捕し発表した。「暴行したが、殺すつもりはなかった」と容疑を否認しているという。

 捜査1課によると、武容疑者は26日午後6時50分ごろ、自宅マンション前の路上で、同じマンションに住む職業不詳の男性(77)の頭を数回踏みつけるなどし、脳挫傷や硬膜下血腫などのけがを負わせた疑いがある。男性は意識不明の重体という。

 武容疑者は28日午後、府警に自首していた。逮捕前の任意の調べに対し、武容疑者は「以前から(男性に)悪口を言われていた。(26日に)文句を言うと『言っていない』と言い返され、頭に血が上った」と説明したという。

朝日新聞

大阪市住吉区杉本の路上で男性が頭を蹴られ意識不明の暴行事件
 26日午後6時55分ごろ、大阪市住吉区杉本1の路上で、「60代ぐらいの男が、倒れている男性の頭を蹴っている」と近くに住む男性から110番があった。男性は70代ぐらいで頭から出血しており、意識不明の状態で救急搬送された。男は自転車で逃走...

 

出た〜!

「殺すつもりはなかった」

こういう事件ではかなりの確率で聞くフレーズですね。

65歳にもなって、人の頭を蹴るなり踏みつけるなりしたら最悪どうなるか判断できないのですね。

若い人はツイッターなどのSNSで失敗するいわゆる「バカッター」が目立ちますが、いい歳の大人も最近の行動の常識はかなり非道いですね。

2017/06/28追記

06/28に被害者の男性はお亡くなりになりました。