スポンサーリンク

介護入浴トラブルで知人男性に熱湯かけ死亡させた43歳の無職男を逮捕 大阪・西成

逮捕

 知人男性に暴行を加え死亡させたとして、大阪府警西成署は7日、傷害致死の疑いで、大阪市西成区潮路の無職、重田幸男容疑者(43)を逮捕した。「熱湯はかけたが、死亡させたとは思っていない」と容疑を一部否認している。

 逮捕容疑は、同日未明ごろ、同区鶴見橋にある60代の知人男性の自宅アパートの一室で、男性に暴行を加え死亡させたとしている。

 同署によると、重田容疑者は「2カ月ほど前から男性を介護しており、入浴の際にトラブルになり熱湯をかけた」などと話しているという。

 同日午前4時5分ごろ、容体の異変に気づいた重田容疑者が「人を殺したかもしれない」と同署に通報。同署員が室内で死亡している男性を見つけ事件が発覚した。

産経新聞

 

「熱湯はかけたが、死亡させたとは思っていない」

「人を殺したかもしれない」

言っていることがよくわからない…

どういう経緯で被害男性を介護することになったのかわかりませんが、介護をしてあげたり暴力をふるったり…

優しいのか暴力的なのかわかりませんね…。