スポンサーリンク

大阪市大正区のアパートでの殺人事件、同じ階に住む35歳の男を殺人容疑で逮捕

逮捕

 29日に大阪・大正区のアパートの一室で首などを刺された男性の遺体が見つかった事件で、警察は同じ階に住む35歳の男を殺人容疑で逮捕しました。

 午後0時50分ごろ、大正区のアパートで、「知り合いが血まみれで倒れているのが窓から見える」と通報がありました。警察が駆け付けると、3階の部屋で1人で住んでいる71歳の剣持好夫さんが血まみれで倒れて死亡していました。ベランダに通じる窓の鍵が開いていて、アパートの廊下から自由に出入りできる状況でした。遺体の首や上半身には10カ所以上の刺し傷があり、警察は殺人事件として捜査していましたが、30日未明、同じ階に住む八島茂樹容疑者を殺人の疑いで逮捕しました。八島容疑者は「僕は殺していない」と容疑を否認しています。
ANN

集合住宅に首に傷の血まみれの男性死体 大阪市大正区小林東
 29日午後0時45分ごろ、大阪市大正区小林東3丁目の4階建ての集合住宅3階の一室で、男性が血まみれで倒れているのを、訪ねてきた知人男性が見つけて110番通報した。男性は首に傷があり、すでに死亡していた。大阪府警は殺人事件の可能性もある...

 

ビックリした。

まさか同じ階の人だとは…

でも本人は否認しているんですね。

でも警察もよっぽどの証拠と確信があるから逮捕したんでしょうね。

動機がすごく気になります。