スポンサーリンク

高額現金入り紙袋狙った路上強盗事件 大阪市中央区南船場

NEWS

 28日午後1時10分ごろ、大阪市中央区南船場2の路上で、建築会社経営の男性(42)が男2人組に多額の現金が入った紙袋を奪われそうになった。男性が抵抗すると男らは何も取らずに逃走、男性は胸などにけがをした。通報を受けた大阪府警南署が捜査を開始。約5時間後に男1人を強盗致傷の疑いで緊急逮捕した。

 男は愛媛県新居浜市南小松原町の建設会社経営、阿部剛容疑者(25)。南署は認否を明らかにしていない。

 南署によると、男性は商談のため愛知県から知人と2人で現場付近に来ていた。突然、後ろから殴る蹴るの暴行を受け、スプレーをかけられたという。男1人は近くの車に乗って逃走。阿部容疑者は現場でもみ合いの末に車に乗り損ねたとみられ、救急搬送された。南署は逃げた1人の他に運転手もいたとみて行方を追っている。

 現場は大阪市営地下鉄心斎橋駅の北東約400メートルにある交差点で、貴金属店が並ぶオフィス街の一角。付近では昨年3月、自営業の男性が貴金属買い取り店で金を換金した直後に5600万円入りのかばんを奪われ、後に暴力団組員ら6人が逮捕された。8月には自営業の男性がバイクの2人組に2800万円相当の金塊が入ったバッグをひったくられ、府警が捜査中。

毎日新聞

 

加害者も被害者も建築会社経営同士なんですね。

そして加害者の25歳のほうが病院送りにされたんですね。42歳の社長強し。

これって、取引の為に多額の現金を持ち歩く情報が漏れていたのかな?

それかたまたま?

どちらにしろ最近、路上強盗が多いですね。

 

ちなみに、犯行に使われた車、前と後ろのナンバーが違っていたらしいです。

どちらか、もしくは両方とも盗難ナンバーなんでしょうね。

車のナンバープレート、犯罪に使われる可能性が高いので盗まれないよう気をつけなければいけませんね。