スポンサーリンク

工場の溝の中に男性の遺体…大阪市西淀川区

keepout

 23日午後5時15ごろ、大阪市西淀川区の部品加工会社「大阪精密鋼業」の工場で、建物内にある深さ約1メートルのコンクリート製の溝を掃除していた従業員が、泥の中から高齢男性の遺体を見つけ、110番した。目立った外傷はなかった。名前や住所が書かれたメモを持っており、大阪府警西淀川署が身元確認を進めている。

 同署によると、溝は自動車部品の製造過程で発生した泥をためるために設置。1カ月前に掃除した際に異常はなかった。工場では夜間や休日は建物の出入り口を施錠しているため、外部から無断で侵入するのは難しいという。

 溝を覆う鉄板には縦横40センチほどの穴が開いており、同署は男性が誤って転落した可能性もあるとみて調べている。

産経新聞

 

見つけた従業員の人、かなりビックリしたでしょうね。

僕なら間違いなく叫び散らす自信があります。

誤って転落して1ヶ月見つからなかった可能性ですか…

こんな死に方は嫌だなぁ。

ご冥福をお祈りいたします。