スポンサーリンク

都島区中野町のラブホテルに女性遺体…「シャブ使い朝起きたら冷たく…」逃走男を逮捕

逮捕

 12日午前10時50分ごろ、大阪市都島区中野町のラブホテルの個室で、ベッド脇の床に全裸の女性が倒れて死亡しているのを従業員が見つけた。直前に男が一人で部屋を出ており、通報を受けた大阪府警が捜査。約1時間後、大阪市西成区梅南の路上で男の乗用車を見つけ、中にいた男が覚醒剤を所持していたため、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕した。

 府警によると、男は大阪市西成区梅南の無職、玉井広美容疑者(62)。「ホテルに女性と一緒に泊まって覚醒剤を使った。朝になったら女性が冷たくなっていたので、残った覚醒剤を持って出た」と供述しているという。女性は所持していた免許証から37歳とみられ、府警は司法解剖して詳しい死因を調べる。

産経新聞

 

映画かマンガの中であるような事件ですね。

25歳差で男女の関係になるのもすごいですけど、62歳という年齢でも性欲ってあるんですね。

これは覚せい剤を無理やり打たれたのか、お互い同意の上で打ったのかはいまいちわからないですが、状況的にお互い同意の上で打ったのかな…。

ホテル関係者の方は災難ですね。

ホテルには申し訳ないけど、この部屋は絶対に泊まりたくないなぁ…