スポンサーリンク

営業マンを装い空き巣重ねた容疑で大阪市北区の男逮捕

逮捕

 営業マンを装いながら民家に侵入し、現金などを盗んだとして、兵庫県警捜査3課と須磨署が窃盗容疑などで大阪市北区の無職河合泰宏容疑者(62)を逮捕したことが28日、捜査関係者への取材で分かった。県警は起訴済みの3件を含め、兵庫や大阪など6府県で27件、計約1100万円の被害を裏付け、近く捜査を終える。

 捜査関係者によると、2015年9月~16年10月、神戸市や三田市などの民家に侵入し、現金や貴金属を盗んだ疑いが持たれている。

 河合容疑者はレンタカーで移動し、スーツ姿で窃盗を繰り返していたと県警はみている。一戸建てのインターホンで留守かどうかを確認していたといい、「かつて営業の仕事をしていたので、不審に思われない自信があった」などと供述しているという。

神戸新聞

 

そんなに自信があるなら、俺のハートも盗んでくれ。

すみません。意味不明な事をつぶやいてみました。

 

服装や制服のチカラってすごいと思います。着るだけで人って騙されたり警戒心が無くなりますもんね。

この空き巣がジーパンを履いていたらすぐに通報されていたでしょうね。

イメージ的に北区に住む人って金持ちか独り者の印象があるんですけど、実際はどうなんでしょうね。