スポンサーリンク

他人のカード番号盗み、ネットゲームで課金…携帯電話販売店の元店員の男を逮捕 大阪

逮捕

 携帯電話の機種変更に来た客のクレジットカード情報を盗み、インターネットゲームで不正課金したとして、大阪府警大淀署は23日、電子計算機使用詐欺などの容疑で、大阪府和泉市阪本町、無職、平野竜司容疑者(23)を逮捕した。「おおむね間違いない」と供述している。

 逮捕容疑は、平成28年4月下旬、当時勤務していた大阪市北区大深町の携帯電話販売店で、機種変更に訪れた20代の女性客のクレジットカード番号などを盗み見たうえ、自宅で3回にわたり、このカード情報を使って自身が遊んでいたインターネットゲームで計8万円分の課金をしたとしている。

 同署によると、平野容疑者は、女性に「身分確認をしたい」などといってカードを受け取り、カード番号や有効期限などを盗み見ていた。「他にも数人の客のカード情報を盗み見た」と話しており、同署が調べている。

産経新聞

 

クレジットカード、安心して使えませんね。

考えてみれば、精算時に渡したときにメモられたら不正使用できますもんね…。

でも、今回のような不正使用はすぐにバレるのによくやりましたね。

しかし、他人のカードだから8万円も課金したのでしょうが、ゲームでそこまでの課金をする気持ちがわからないです。

意外と僕の周りでも課金されている人が多いのですが、課金する気持ちがわからないのは僕がおっさんになった証拠なんだろうか…。