スポンサーリンク

動物病院に車が突入…待合室の2人けが 大阪・羽曳野市野々上

NEWS

 23日午前10時50分ごろ、大阪府羽曳野市野々上3丁目の「アイリス動物病院」に乗用車が突っ込んだ。府警などによると、待合室にいた同市の44歳と52歳の女性が頭や胸などを打撲。府警は、車を運転していた奈良県香芝市の金属加工業の男(80)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕した。

 羽曳野署によると、男は来院中の妻を迎えに来て駐車場に車をバックで止めようとした際、車止めを越えて窓ガラスと外壁を割り、車の一部が中に入った。男は「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と話しているという。

 現場は近鉄南大阪線・藤井寺駅の南1・8キロの住宅街。

朝日新聞

この手の高齢者による自動車運転の事故、かなり増えてきてますね。

死亡者が出なくてなによりですが、何か対策しないとこれからも似たような事故は起きますね。

高齢者の方は、自動ブレーキなどの装置が付いた自動車に乗らないといけないなどの対策はどうだろ?

もしくは免許証の定年制など。

でも田舎などは自動車は必要ですから、やはり免許証の定年制より自動車の安全システムの見直しをしてくれたほうがいいのかもしれませんね。

しかし難しい問題ですね。