スポンサーリンク

下校の列に車…小学生1人重体、2人重軽傷 大阪府能勢町下田尻

 13日午後4時15分ごろ、大阪府能勢町下田尻の府道で、横断歩道を渡ろうとしていた小学6年の女児(12)と1年の男児2人の列に軽乗用車が突っ込み、3人をはねた。女児が意識不明の重体。男児2人もけがをした。府警豊能署は運転していた同町のアルバイト、山岡恵子容疑者(61)を自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕し、調べている。

 府警の調べに、山岡容疑者は「遠くを見ていて近くを見ていなかった」という趣旨の供述をしているという。

 能勢町教委などによると、3人は能勢町立能勢小の児童で下校中だった。3人は現場近くのスクールバスの停留所で下車した直後、山岡容疑者の車にはねられた。事故を目撃したスクールバスの運転手は「3人は点滅信号がある横断歩道で押しボタンを押し、青に変わった後に渡ろうとしたところ、車にはねられた」などと説明した。

毎日新聞

 

登下校の列に車が突っ込む事故、なんかここ数年よくニュースで見るような…

普通に考えたらとてつもない事件ですけど、なんかちょくちょくこのようなニュースを見るので、死人が出てないから大きなニュースじゃないやって感じてるどこか麻痺してきている自分がいます。

いやいや…とてつもない事故ですよね。

幼い被害者のかたはなんとか命だけは助かってほしいです。

インターネットが発達して、いろいろなニュースや映像を知ることができる現在、どこか感情や感覚が麻痺してきているなぁと感じているのは僕だけでしょうか…?