スポンサーリンク

兵庫などで計1億円の被害 大阪の外国人窃盗団を逮捕

逮捕

 民家から現金や貴金属品を盗んだとして、兵庫県警捜査3課と西宮署などが、住居侵入と窃盗の疑いで、大阪市内の外国人の男4人を逮捕し、うち3人が起訴されていたことが7日、捜査関係者への取材で分かった。同課などは関西や関東で約140件、計約1億円の被害を裏付け、8日にも捜査を終える。

 逮捕・起訴されたのは、大阪市西区、何徳明被告(31)=中国籍=と、大阪市中央区、リン・ウークン被告(43)=カナダ国籍=と、同、林ウージャオ被告(40)=中国籍。

 捜査関係者によると、何被告らは2016年3~5月、兵庫県や神奈川県などでガスバーナーとハンマーを使って窓ガラスを割って住宅に侵入、現金や貴金属などの窃盗を繰り返していた疑いがあるという。盗んだ金は生活費に充てていた、と供述しているという。

 3被告はいずれも中国に住んでいたが、就労目的で別々に来日。大阪で再会したという。リン被告は公判で「中国で経営していた店がつぶれ、仕事のために日本に来た。(窃盗容疑について)仲間に頼まれて送迎しただけ」と証言していた。

 兵庫県内では神戸、西宮、宝塚などで被害が出ていたという。

神戸新聞NEXT

 

こういうニュースを見ると、アメリカのトランプ大統領の移民入国禁止の政策はやり過ぎかもしれないけど、理解できるところも多々あるなぁと感じます。

被害者の方はなおさらでしょうね。

特に外国人による犯罪って、捕まりそうになったら人を殺してでも逃げるイメージがあります。

自分の国ではなかったら開放感があるのでしょうかね。

 

タイトルとURLをコピーしました