スポンサーリンク

岸和田市 田治米町の死亡ひき逃げ 男を逮捕…飲酒運転だった

逮捕

5日、大阪府岸和田市で男性が車にひき逃げされ死亡した事件で、警察は出頭してきた男を逮捕しました。
男は「飲酒運転がばれると思い逃げた」と供述しています。

過失運転致死などの疑いで逮捕されたのは市川誠二容疑者(31)で、5日午前4時20分ごろ、岸和田市田治米町の道路で会社員の石本茂さん(42)を車ではねて死亡させたにも関わらず、救護せずに立ち去った疑いがもたれています。

市川容疑者は5日夕方に母親と出頭し、警察の調べに対して「何かに私が運転した車をぶつける事故を起こした」「飲酒運転がばれると思い、現場から逃げた」などと供述しています。

事件の発生から約12時間後に出頭したことから、呼気からは基準値を上回るアルコールは検出されませんでしたが、警察は飲酒運転の疑いについても調べる方針です。

 
関西テレビ

岸和田市田治米町で男性はねられ死亡 車はひき逃げ
5日朝早く、大阪府岸和田市で道路を歩いていた男性が車にはねられ死亡しました。 車は逃げていて、警察は死亡ひき逃げ事件として捜査しています。 午前4時20分ごろ、岸和田市田治米町の道路で「人がはねられた」と警察に通報がありました。...

ひき逃げしてしまうケースでは、この飲酒運転をしていたからってのが多いですよね。

運転席にアルコールを感知したら発進できない車を早く義務化してほしいですね。

今回被害者は、酒を飲んでタクシーで帰って降りてから路側帯を歩いてた時に、酒を飲んで車を運転していた加害者にひき逃げされたということですね。

なんとも皮肉というか不公平というか。

被害者のご冥福をお祈りいたします。