スポンサーリンク

勇気ありすぎ?無謀?「主婦が物干し中の民家狙った」侵入と窃盗で容疑の男を逮捕 寝屋川市

 家人が在宅中の民家への侵入盗を繰り返したとして、大阪府警寝屋川署は27日、住居侵入と窃盗の疑いで、住所不定、無職、岡部和博容疑者(44)を逮捕、送検し、大阪、兵庫両府県で計47件(約209万円相当)の被害を裏付けて捜査を終えたと発表した。

 同署によると、岡部容疑者は「一戸建てのベランダで主婦らが洗濯物を干しているのを狙った」と説明。無施錠の玄関から侵入し、リビングやタンスの引き出しを数分間物色した上、財布から現金を抜き取る手口を繰り返していたという。

 送検容疑は平成25年6月~昨年9月、大阪、兵庫両府県で盗みを繰り返していたとしている。

 岡部容疑者は「盗んだ金で生活し、ネットカフェや個室ビデオで寝泊まりしていた」と供述。約80件を自供したが、被害者自身が被害に気づいていないケースも多かったとみられ、約30件は裏付けできなかった。

 昨年9月15日、大阪府寝屋川市内で夫婦が在宅中の民家に侵入した際、忍び込む姿を近隣住民が見つけ、ベランダにいた妻に連絡。物色中だった岡部容疑者は逃走したが、追跡してきた夫婦らに取り押さえられた。

産経新聞

 

大胆な犯行ですね。

完全に人がいるのわかっている家に盗みに入るなんて…。

洗濯物の物干しなんていつ終わるかわからないし、主婦以外にも人がいるかもしれないのに。

ただの無謀な盗みだと思ってたけど、約80件も成功してて、最後に見つかったのも近隣住民だったことを考えると、盗みに入られた人はまったく気づかないようですね。

この発想や大胆さを他の事に活用したら、盗みなんかしなくても何かに成功しそうですね。

 

タイトルとURLをコピーしました