スポンサーリンク

衝突で1人重体 基準値超のアルコール検出 高槻市

 14日未明、大阪府高槻市の交差点で酒気帯び運転の車とタクシーが衝突し、男性1人が重体。

 事故があったのは、大阪府高槻市辻子の交差点で、14日午前3時半ごろ、直進していたタクシーと右折してきた軽自動車が衝突した。この事故で、タクシーを運転していた神田清治さん(61)が胸などを強く打ち、病院に搬送されたが意識不明の重体。

 警察は、軽自動車を運転していた建設業・神之田健太容疑者(27)から基準値を超えるアルコールが検出されたため、酒気帯び運転などの疑いで逮捕した。神之田容疑者は調べに対し、「仕事の帰りに店で友人と飲んだ」と話しているということで、警察は、事故までの経緯を詳しく調べる方針。

日本テレビ系

 

飲酒運転、無くならないですね。

アルコールを検出したら動かない車を義務付けたらいいのに。

でも、運転手はまったく飲んでなくて助手席や後部座席に乗っている人が飲んでて、そのアルコールが感知してしまって車が動かなくなったら困るかな…

うまいことできるシステムは開発できているのでしょうか?

 

てか、飲酒運転、今回のように事故らなくても飲酒の取り締まりで見つかったときの罰則は大きいのだから、タクシーや運転代行業者を利用してもらいたいものです。

てか、意外と運転代行って料金高いのですね。

10キロで3000円から5000円、20キロで5000円から8000円するんですね…

状況によりますが、タクシーのほうが現実的ですね。

でも、どんなに高くても、飲酒運転して人生棒に振るよりかは安いと割り切るしかありませんね。