スポンサーリンク

止められなくなった恋心?大阪府警の警部が勤務中に不倫相手の女性宅を様子見

絶望

 ◇西淀川署警備課長 10分の1減給6カ月に

 勤務中に職場の警察署を抜け出して不倫相手の女性宅の様子を見に行くなどしたとして、大阪府警は7日、西淀川署警備課長の男性警部(51)を減給(10分の1)6カ月の懲戒処分にした。警部は同日、依願退職。署長らがいない当直中も女性宅に向かっていた。

 府警監察室によると、警部は今年3~11月、大阪市内に住む不倫相手の40代女性を尾行したり、女性の自宅マンションを繰り返し訪れたりするなどしたとして処分された。

 警部と女性は2013年以降、名前や住所など互いの身元を明かさずに交際を続けていたが、女性が今年3月に別の男性と歩いていたのを警部が目撃。尾行して女性の自宅を特定した。警部は「急に嫉妬心や興味がわいた」と説明している。9月以降は勤務中にも様子をうかがいに出るようになったという。

 また府警は7日、女性のマンションの郵便受けから郵便物1通を盗んだとして、窃盗などの疑いで警部を書類送検した。高木久監察室長は「警察幹部としてあるまじき行為。再発防止に努めたい」とコメントした。

【堀江拓哉】毎日新聞 

 

う〜ん、止められなくなった恋心ってタイトルに書いたけど、女性が他の男性と一緒にいるのを見てしまって、ただ嫉妬心や独占欲が生まれたんだろうね

それにしてもお互いの名前や住所明かさずに交際ってことはどうやって知り合ったんだろ?

ナンパ?ネットの掲示板?SNS?

今はいろいろ他人から知り合いになる方法があるんですねー

てか、女性が一緒にいた人って普通に考えたら旦那さんだと思うけど、記事の書き方では違うのかな?

ま、どっちもどっちだけど、警部がストーカーになってしまっただけだね。

男性は女性と比べて割り切れない人が多くストーカーが多いらしいです。