スポンサーリンク

持ち込みで車のバッテリーを交換してもらうときの技術費用や廃棄費用

 

自動車のバッテリーを交換したのですが、僕はいつもバッテリーはネットで安く購入します。

その場合、自分で交換してもいいのですが、めんどくさいし使用済みバッテリーの廃棄の手間がかかるので僕はいつも車屋さんに持ち込みでお願いします。

車屋さんってガソリンスタンドやディーラーさん、オートバックスさんなどが思いつきますが、持ち込みで交換をお願いしたらどれくらいかかるのか調べました。

 

そもそも店舗でバッテリーを購入したら高い

バッテリーって、基本は店舗で購入してその場で交換してもらいますね。

しかし、バッテリーは店舗で購入するよりネットで購入したほうが品にもよりますがかなり安いのです。

ちなみに僕がいつも購入するバッテリーは、バナソニックのcaos(カオス)です。

いわゆるブルーバッテリーと呼ばれている高性能で人気のあるバッテリーです。

 

 

オーディオの音も良くなると昔から有名なバッテリーです。

ま、僕はオーディオの音が良くなったかどうかは、いまいちわかりませんでしたが  笑

 

このバッテリーに変えてからバッテリー関係でトラブルがまったく無かったので、なんとなくバッテリーはこれを買うようにしてきました。

でも、このブルーバッテリー、オートバックスなどの店舗で購入したら高いんですよね。

ひどい場合はネットで購入した金額の倍の金額で販売しているのを見たことがあります。

バッテリーにこだわりがなければ、オートバックス等で安いバッテリーも売っていますが、有名なバッテリーはネットで購入したほうがかなり安く購入できるのがほとんどだと思います。

 

でもネットで購入したら、自分で交換するか持ち込みでお願いしなければいけません。

バッテリーの交換自体は大した作業ではないのですが、問題は使用済みのバッテリーの廃棄です。

 

使用済みバッテリーの廃棄

自治体では使用済みバッテリーの回収はしてくれないので、ゴミに出せません。

他のゴミと一緒に出したら不法投棄になります。

どうしたらいいか?

ガソリンスタンドや車屋さんで無料回収してくれるところもあれば有料のところもあるし、回収してくれないところもあります。

またネットで購入したら、無料で引き取ってくれる業者を紹介してくれる制度もあります。

引き取りチケットみたいなのを同封してくれるみたいですね。

でも、僕的にはそれがめんどくさいのです。

わざわざ自分で取り付けてなおさら、引き取ってくれるところを探したり、そこまで持っていかなければいけないのだったら、ネットで購入した新品のバッテリーを持ち込みで安く交換してくれてなおかつ、廃棄もしてくれる所を探したらいいんじゃない?って考えてしまうのです。

 

どこが持ち込みで安く交換してくれるか?

結論から言いますと、僕はオートバックスでいつも持ち込みで交換してもらっています。

ぶっちゃけ、税込み540円で交換も廃棄もしてくれます。

今回、他のところでもバッテリーの持ち込みでの交換と廃棄の費用を調べたところ、

  • ガソリンスタンド…1000円〜2000円
  • ディーラー…約2000円
  • イエローハット…基本持ち込みでの交換はしない。

だいたいこんな感じでした。

基本やっぱり、お店は持ち込みを嫌がる傾向みたい。

もしかすると、オートバックスやイエローハットのチェーン店では店舗によって対応や価格は違うかもしれないので、最寄りの店舗に電話して聞いたほうがいいかもしれませんね。

しかし、ダントツでオートバックスは安く交換してくれますね。

でも、車を購入したディーラーなら、検査時に無理言って頼んでみたら無料でやってくれるかも?!

それに下記の理由で、なんだかんだ言ってディーラーで交換してもらうのが安心は安心です。

 

自分で交換する時やディーラー以外で交換する場合は少し注意が必要

バッテリーを交換すると電源が完全に落ちる為、初期化されてしまうケースがあるらしいです。

可能性があるのはカーナビやパワーウィンドウなどの設定や、エンジンコンピュータなど…。

交換したら必ず初期化されるかといえば、なんとも言えないです。

僕の場合は完全に初期化されたことはありません。

基本、電源が完全に落ちても、メモリーやハードディスクに記録されているので完全に初期化されるのは稀なのかもしれませんね。

 

注意しなければいけないのがアイドリングストップ機能を搭載している自動車です。

アイドリングストップ機能のついた自動車のバッテリーを交換すると、「バッテリー放電電流積算クリア」ということをしないとアイドリングストップ機能が働かなくなる可能性が出て来るとのことです。

ちなみに、「バッテリー放電電流積算クリア」は基本ディーラーしかできません。

したがって、アイドリングストップ機能付きの車はディーラーでバッテリーを交換したほうがいいのですが、やっぱりディーラーはバッテリー本体価格が高い…

でも、自分で交換したりオートバックス等でバッテリーを交換したらディーラーで「バッテリー放電電流積算クリア」だけをしてもらうということもできるらしいです。

「バッテリー放電電流積算クリア」の作業自体は無料というケースが多いようです。

 

まとめ

車は「金食い虫」ですよね。

少しでも安くできるなら安く済ませたいのですが、安全安心な走行をするためには定期的なバッテリー交換は必要不可欠です。

ネットでカオスバッテリーを購入してオートバックスで交換するのが僕にとってはベストな選択です。

参考になれば幸いです。

しかし、アイドリングストップの車のバッテリー、高すぎ……。