スポンサーリンク

部屋(客室)から海釣りができる旅館「海楽園」に泊まったレビュー

4.0

しゅくはく

三重県鳥羽市に部屋(客室)の窓から海釣り(座敷釣り)ができるという「海楽園」という珍しい旅館に泊まってきたので感想を記したいと思います。

 

場所や周辺観光

場所は下記のようになります。

周辺は静かなところというより、少し市街地にある印象です。温泉街みたいに風情のある雰囲気ではないかもしれません。

コンビニも歩いたら少し遠いですが、あるので便利ですね。

車で20分ほどで伊勢神宮やおかげ横丁、車で30分ほどで志摩スペイン村、歩いて10分ほどで鳥羽水族館に行けるので便利です。

 

ホテル施設や部屋

旅館の建物はなかなかの古さを感じますが、ボロボロさを感じません。清掃も行き届いていますので汚さを感じることはありませんでした。

個人的には風情を感じることができるホテルだなと感じました。

【待合室】

昔、きんさんぎんさん(今の若い人は知らないだろうなぁ)が宿泊されたようで記念写真が飾られていました。

部屋は広さを感じることはなかったですが、夫婦二人でちょうどいい広さでした。

部屋も古さやそこそこの老朽化を見受けできましたが、部分的にリニューアルもされているようで気になることはまったくありませんでした。

トイレもお風呂もついているお部屋なので安心です。

ちなみに釣りができるというお部屋は1階客室のみとなります。

【部屋の下はすぐ海。ここから釣りができます】

部屋に入るまで心配していたのは、部屋で釣りができるので、部屋が魚の生臭さを感じるのではないかということでしたか、部屋はまったく匂いがなく、いい意味で裏切られました。

 

大浴場・温泉

大浴場

大浴場は正直、狭いです。

また、露天風呂もありません。

温泉は榊原温泉という名称で、アルカリ単純泉となります。関西にある多くの温泉と同じような泉質ですね。

無色透明で味も無く、肌にまとわるつくヌルヌル感もないので、温泉に入った感じは「お!温泉だ!」という実感はわかないと思いますが、このような泉質はお肌に優しく、場所によっては「美人の湯」とも言われていますね。

貸切風呂・家族風呂

海楽園には貸切風呂があり、なんと無料で利用することができます。

貸切風呂というよりかは、大浴場に露天風呂が無い代わりに別に露天風呂が男風呂と女風呂と2つあり、20時半から2つとも貸切風呂となるのです。

チェックイン時に利用時間を決めます。

貸切風呂に入ってビックリ。大浴場より風情があるのです。しかも貸切風呂は露天風呂となります。広さも二人で入るのにはかなり広いです。

どちらかといえば、この貸切風呂が主役のような…

少し変わった貸切風呂で、底には丸い小石が敷き詰められています。

最初に湯船に浸かったとき、その小石で足裏が刺激されて痛いのですが、慣れてくるとクセになり、座るとお尻にいい刺激があり気持ちよかったです。

また、この貸切風呂の温泉は海水を混ぜた「海水温泉」として運用しています。

ただ、僕らが入った時は海水が入っている感覚は感じず、温泉を舐めても塩辛いということはまったくなかったので実感は感じませんでした。

なにはともあれ、この旅館に泊まったら、この露天風呂は雰囲気もあってなおかつ気持ちいいので、体験してほしいですね。

あ、貸切風呂は30分しか利用できないので、頭や体を洗うのは大浴場やお部屋のお風呂というのが現実的ですね。

 

釣り

この海楽園の売りの一つである釣りに関してです。

釣りができるのは、1階客室とホテル敷地内にある桟橋となります。

なお、レンタル竿や餌の販売はしていましたが、おもりやウキなど様々な釣具の販売はしてませんでした。

1階客室で座敷釣り

客室から釣りができる。それって本当にすごいですねw

客室の窓の下はすぐ海となっています。

【客室の窓の下はすぐ海】

その窓から釣り竿を垂らすと即釣りができちゃいます。

なお、サビキ釣りは禁止とのことでした。

座敷釣りのいいところは、冷暖房の効いた部屋で、雨の心配をしなくて椅子に座りながらできるということですね。しかも部屋なので一晩中できます。ただし、夜中は隣近所の部屋に迷惑なので音には気をつけなければいけません。

僕ら夫婦は、座敷釣りではアジ・フグ・スズメダイが釣れました。

一つ注意が必要なのは、干潮時です。水深が浅く、干潮時には岩山が海面からむき出しになるほどなので釣りには向きません。

それにしても部屋釣り楽しかった♪

桟橋での釣り

旅館敷地内に桟橋があり、そこから釣りを楽しむことができます。

桟橋といっても、木製のいかだを何個もつなぎ合わせて浮かせているので、波が来ると結構揺れます。乗り物酔いする人には少しキツイかも(汗)

水深は深く、引っ掛かることは少ないと思います。

僕ら夫婦は、今回桟橋の釣りではアジ・サバ・フグ・スズメダイが釣れました。

部屋釣りとは違い、ここではサビキ釣りが可能です。

夜中は街灯などが無く真っ暗になるので、基本的には桟橋の釣りは禁止らしいです。でも夜の釣りの為に足元を照らすランタンの貸し出しもしているって聞いたんですが、どちらなんでしょうね…。

また、桟橋での釣りはチェックインからチェックアウトの時間までです。当たり前といえば当たり前なのですが、釣りホテルで有名な「淡路島観光ホテル」は部屋に入れるのはチェックインの最短15時からでチェックアウトは翌日10時までとなっていますが、プライベート釣り場の利用は12時から翌日12時までとなっており、釣りを長い時間楽しむことができます。

「淡路島観光ホテル」のシステムと比べると、「海楽園」での釣りはゆっくりと満喫できないかもしれません。

食事・料理

夕食も朝食も部屋食ではなく、宴会室(お食事会場)での食事でした。部屋食のコースはあるのかわかりません。

食事はだいたいこんな感じでした。

エビフライのボリュームにはビックリ感動しましたw

普通に美味しかったですが、僕的には量的に少し物足りなかったです。

あ、ちなみに釣った魚は無料で調理してくれて、夕食時に出してくれます。このサービスはうれしいですね♪

朝食は普通の旅館の朝食でした。ただ、少し質素かも…。

ちなみに冬の時期はカキ食べ放題というプランもあるみたいです。

 

接客やその他の事

旅行先の宿泊施設で意外と気になる接客。海楽園の接客のイメージはフレンドリーな感じでした。中居さん達は僕が接した人達はみんな高齢な人ばかりで、愛想のいいおばあちゃんに接しているような感覚でした。

めちゃくちゃ丁寧な接客ではないですが、旅のいい思い出に残るような接客だったと思います。

 

感想まとめ

海楽園は、釣りに興味がある方には1回は泊まってみることをオススメしたいです。座敷釣りはなかなか体験できないことですね。

ただ、桟橋を利用できる時間がチェックインからチェックアウトの時間までしか利用できないのは残念です。

まったく釣りをしない人や興味が無い人など、座敷釣りや桟橋での釣りをまったくしないのであれば、少し割高な旅館になってしまうかな?と思います。

釣りをしなくても不満を感じる旅館ではないですが、三重県には様々な旅館やホテルが割安で営業しているので、他の選択をしたほうがいいのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました